刑事事件

立川市で痴漢事件に巻き込まれたら弁護士へ|冤罪事件の対処方法

立川市で痴漢事件に巻き込まれたら弁護士へ|冤罪事件の対処方法

サラリーマンなどで毎日のように電車を利用する方は、いつ何時「痴漢」に間違われるかわかりません。

立川市には複数の路線が走っており、モノレールへの乗りかえもあって利用客が多いため「痴漢冤罪」のリスクが高めになっています。

もしも痴漢に間違われたら、すぐに弁護士に依頼する必要があります。

今回は、立川市で痴漢冤罪に遭ったときに、痴漢事件に強い弁護士に依頼すべき理由を解説します。

1.立川市では痴漢冤罪に遭いやすい?

立川市は、比較的痴漢被害が発生しやすいエリアです。

JR立川駅は、南武線と中央線、中央本線、青梅線が乗り入れており、多摩モノレールへの乗り換えも可能なので、多種多様な場所へ向かう人が利用します。

特に、朝の通勤ラッシュ時などには多くの人でごった返しますし、人混みに紛れて逃げやすいので、痴漢も活動しやすいです。

実際の痴漢が多い分、痴漢の冤罪も多いことが問題です。

サラリーマンなどの方が電車やモノレールを使って通勤していると、突然「痴漢」と叫ばれて駅員室に連れて行かれそうになることがあります。

うまく切り抜けられると良いですが、そのまま警察に通報されて、逮捕されるケースも多々あります。

全く痴漢などしていなくても、濡れ衣で痴漢に仕立て上げられてしまうこともありますので、注意が必要です。

2.痴漢で成立する犯罪

痴漢に間違われた場合、たとえ冤罪であっても無実を証明できなければ、有罪認定を受けてしまう可能性があります。

その場合、どのような犯罪が成立するのかをみておきましょう。

(1) 迷惑防止条例違反

一般的な痴漢のケースでは、迷惑防止条例違反となります。

迷惑防止条例とは、各自治体が定めているルールで、暴力行為や迷惑行為を禁止しています。各自治体によって多少の違いはありますが、だいたい全国的に同じ内容に揃っています。

迷惑防止条例は、以下の行為を禁止しています。

  • 公共の場で着衣の上から人の身体に触ること
  • 公共の場で、人の身体や下着を撮影すること
  • 公共の場で卑猥な言動をすること

電車内で女性の身体を触ったとされると、上記の要件に該当するので迷惑防止条例違反で検挙されます。

迷惑防止条例違反の罰則は自治体によって異なる可能性がありますが、立川市の存する東京都の場合には「6ヶ月以下の懲役または50万円以下の罰金刑」です。

(2) 強制わいせつ(刑法犯)

痴漢が悪質な場合には「強制わいせつ罪」が成立します(刑法176条)。

強制わいせつ罪になるのは、暴行または脅迫の手段を用いてわいせつな行為をした場合です。

電車内の痴漢では、下着の中にまで手を入れて、執拗に性器や胸などを触り続けたケースなどにおいて、強制わいせつ罪となる可能性があります。

相手が13歳以下の場合には、暴行や脅迫を用いなくても強制わいせつ罪となります。

刑罰は、6か月以上10年以下の懲役刑で、罰金刑はありません。

冤罪で強制わいせつ罪となる可能性は低いですが、被害者が悪質な痴漢と人違いをし、目撃者なども勘違いをしている場合はあるかもしれません。

特に、立川駅周辺では利用客が多く、真犯人が逃げてしまうと誰が犯人かの判別が難しくなるケースがあるので、注意が必要です。

3.痴漢に間違われた後の流れ

(1) 逮捕あるいは警察に連れて行かれる

痴漢が発生すると、その場で目撃者や被害者に取り押さえられるケースがあります。すると、そのまま駅員室に連れて行かれて警察を呼ばれます。

到着した警察は、目撃者や被害者から事情を聞いて、痴漢の疑いが濃厚と考えると被疑者を警察署へ連れて行きます。

(2) 送検

警察に逮捕されたら、48時間以内に検察官のもとに送られます。このことを「送検」と言います。

送検されたら、検察官は引き続き被疑者の身柄を拘束すべきかどうか判断します。身柄拘束が必要なら、裁判所に勾留請求を行い、裁判所が勾留決定することによって被疑者は警察で「勾留」され続けます。

送検後、勾留決定までのタイムリミットは24時間です。

(3) 勾留と取り調べ

警察で身柄拘束を受けている間は、捜査官から厳しく取り調べを受けます。

痴漢を否認していると、悪質で反省がないと思われて、比較的厳しく追及されることが多いです。

勾留期間は原則として10日間ですが、必要に応じて20日間まで延ばされます。

(4) 処分の決定

勾留期間が満期になると、検察官は被疑者を起訴するか不起訴にするかを決定します。起訴されたら刑事裁判になりますが、不起訴になったらそのまま釈放されます。

痴漢を否認していたら不起訴にしてもらうのは難しくなりますが、無罪の証拠が出てきたら不起訴になる可能性もあります。

(5) 刑事裁判

刑事裁判では、検察官と弁護側がそれぞれ主張立証を行い、裁判官が判決を行います。

判決では、有罪か無罪か、有罪の場合には刑罰が言い渡されます。

4.冤罪でも有罪になるか

痴漢で逮捕されたとき、「冤罪であれば裁判にはならないだろう、裁判官はわかってくれるから無罪になるだろう」と思う方も多いのですが、残念ながら、冤罪でも有罪になる可能性が高いです。

まず、痴漢を否認していると、「不合理な弁解を繰り返している悪質な犯人」であるとか、「まったく反省していない」、「再犯のおそれがある」などと思われて、むしろ重く処分されてしまうことがあります。つまり、起訴される可能性が高まります。

また、裁判官も、必ずしも真実を見通してくれるわけではありません。

基本的に検察官による主張立証に不備がなかったら、有罪判決を下してしまいます。

現実に日本の刑事裁判の有罪割合は99.9%以上なので、いったん起訴されてしまったら有罪になる可能性が非常に高いのです。

有罪判決を受けると前科の記録が残り、その人が死亡するまで検察庁のデータベースで保管され続けます。

5.痴漢冤罪で弁護士に依頼するメリット

立川市で電車通勤しているときに痴漢冤罪で逮捕されてしまったら、すぐに弁護士に相談すべきです。

以下では、弁護士相談の5つのメリットをご紹介します。

(1) 早期に接見に来てもらえる

弁護士に相談すると、すぐに留置場に接見に来てもらえるメリットがあります。

痴漢冤罪で逮捕されたら、被疑者は警察の留置場で身柄拘束されて、捜査官による厳しい追及を受けます。逮捕後3日間の間は家族であっても面会できないので、被疑者は完全に1人で対応せねばなりません。

留置場内の生活は、一般社会とは隔絶されたもので非常に不便です。被疑者は「今後どうなるのだろう、会社は?家族はどうなっているのか?」などと考えて、精神的に不安定な状態になります。

弁護士であれば、逮捕後勾留までの3日間にも接見できます。すぐに弁護士が接見にきて、今後の手続きの流れなどについて説明をしたり、家族の様子を伝えたりすると、本人は非常に安心できます。

否認していると捜査官から厳しい取り調べを受けて本人が疲弊してしまうことも多いですが、弁護士が接見に来て励ますことも可能です。

また、本人から家族に伝えたいことや家族から本人に伝えたいことを、弁護士が代わりに伝達することも可能です。

このように、突然逮捕された被疑者が大きな安心感を得られて精神的に落ち着くことが、1つ目の大きなメリットです。

(2) 虚偽の自白を防げる

痴漢を否認していると、捜査官は被疑者を悪質な犯人と考えて、何とか自白させようとします。

半ば脅迫的な言葉をかけられることもありますし「しゃべるまで終わらない」「一生出られなくなる」という趣旨のことを言われるケースもみられるようです。

「話せば楽になる」と言われるので、突然逮捕されて混乱状態となり、精神的に弱ってしまっている被疑者はついつい虚偽の自白をしてしまいます。

ところが虚偽の自白をすると、後に裁判になったときに有効な痴漢の証拠として取り扱われて、有罪判決が下される可能性が濃厚になります。

そこで、痴漢冤罪の場合、とにかく虚偽の自白を防ぐことが重要です。

弁護士がついていれば、頻繁に本人を励ましに行くことができるので、本人も気持ちを強く持って否認を貫くことができます。また、勾留執行停止や取消の申立をすると、被疑者が裁判所で質問を受ける必要があるので、その間取り調べができなくなります。

勾留期間は最大20日に限定されているので、このように取り調べをできない空白期間を作ることも、虚偽の自白防止のために有効です。

(3) 家族や会社に対応してもらえる

立川駅周辺で痴漢冤罪で逮捕された方は、会社員であることが多いです。逮捕勾留中は会社に行けないので、解雇の不安が頭をよぎる方がほとんどでしょう。

このようなときに弁護士がついていると、会社に対しても適切に対応できます。

たとえば弁護士が会社に「今は状況が定まっていないので何とも言えないが、状況が決まり次第連絡をするので待っていてほしい」と言えば、たいていの会社は様子を見てくれるでしょう。勾留期間に突然解雇される危険性が低下します。

また、ご本人にしてみると、家族はどうしているのか、迷惑をかけていないかなどが心配になるものです。

逮捕から勾留に切り替わると家族も接見できるようになりますが、家族が接見できるのは10~20分程度であり、捜査官も立ち会っているので十分な会話ができません。

弁護士であれば、捜査官の立会なしに無制限に面会ができるので、充分な打ち合わせを行い、家族との連絡役も務めることが可能です。

(4) 無罪の証拠を集められる

痴漢冤罪で無罪になるためには、被疑者側で無罪の証拠を集めることが大切です。

本来、有罪の立証は検察官が行わねばなりませんが、現実には被疑者側でも積極的に無罪立証をしないと、無罪判決の獲得は難しくなっているからです。

しかし、被疑者や家族が独力で痴漢冤罪の証拠を探すのは困難を極めます。

弁護士であれば、立川駅周辺で同じ時間帯に通勤している方を対象に目撃者を探したり、「痴漢を目撃した」と言っている人と連絡をとって、勘違いである可能性がないかを調べたりできます。

場合によっては繊維鑑定、DNA鑑定などの科学的鑑定を試したりして、効果的に証拠を集めることも考えられます。

被害者の主張内容が不合理な場合には、被害者に連絡を取って事情を伺うことも検討します。

起訴前に無罪の証拠を集められたら、起訴されずに済む可能性もありますし、起訴されたとしても無罪立証を成功させれば無罪判決を獲得できます。

(5) 裁判になっても無罪を取りやすい

痴漢冤罪では、検察官に起訴されてしまう可能性も高いですが、それを防ぐには「逮捕直後の段階から」弁護士をつけるべきです。

逮捕直後に弁護士がついていたら、当初から適切に対応できるので、不利な自白調書を取られることがありません。

また、証拠は事件から時間が経てば経つほど散逸してしまいますが、弁護士が当初の段階からついていれば、無罪立証に重要な証拠を集めやすいです。

実際に刑事裁判になったときにも、当初の段階から関わっている弁護士が弁護活動をしたら、効果的な立証活動をできるので、無罪を獲得しやすいです。

6.立川市で痴漢冤罪・逮捕されたらすぐに弁護士へ相談を

立川市で痴漢冤罪となって逮捕されたとき、放っておくと会社でも解雇されたり家族に迷惑をかけたりして、大きな不利益を受ける可能性が高いです。最終的には刑事裁判の被告人となり、有罪判決を受けて一生消えない前科がついてしまいます。

そのようなことを避けるためには、逮捕当初の段階から弁護士に依頼すべきです。刑事事件ではスピードが命なので、立川市、国分寺市、小平市、中央線・青梅線・南武線沿線にお住まい、お勤めの方は、お近くの刑事事件の実績の高い弁護士事務所に相談しましょう。

泉総合法律事務所立川支店には痴漢冤罪の経験豊富な弁護士が在籍しています。元検事の弁護士も在籍しておりますので、是非ともお早めに、安心してお問い合わせ下さい。

無料相談受付中! Tel: 0120-400-630 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-400-630
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ