交通事故 [事例12]

示談交渉により獲得金額が保険会社提示額から約250万円UP

20代女性
主な症状損害賠償額
外傷性クモ膜下出血、頭蓋骨骨折等 80万円→330万円

背景

Aさんは信号のない横断歩道を歩いていたところ、トラックに轢かれてしまいました。

治療が終了し、後遺障害の認定を受け、相手保険会社から示談金額の提示があったところ、この提示額が妥当かを確認するためにご相談いただきました。

対応

Aさんは頭に傷害を負ったことで嗅覚障害がおこり、これについて14級の認定がなされていたところ、まずはこの等級が妥当かを検討しました。しかし、さらに上位の等級が認定される可能性は低いものと判断できたため、Aさんと相談し異議申立てはしない方針としました。

そのまま後遺障害14級を前提に示談交渉を開始しましたが、争点は、通院慰謝料・後遺障害慰謝料・後遺障害逸失利益でした。

結果

通院及び後遺障害の慰謝料について、当初相手保険会社は自賠責基準の支払を提案していたのですが、交渉の結果、裁判基準の90%まで金額を上げることができました。

また、後遺障害の逸失利益につき相手保険会社は、Aさんの現在の収入をもとに逸失利益を算定していましたが、Aさんの年齢が20代と若く、これから収入が上がる可能性があったことから、全女性の平均賃金をもとに逸失利益を算定し、粘り強く交渉したところこれが認められました。

後遺障害の等級が上がらなくても、慰謝料等について裁判基準を適用すれば、相手保険会社の提示より大幅に獲得できる金額が変わる可能性があり、本件はその好例といえます。
保険会社から提示があったらそれを鵜呑みにせず、一度弁護士に相談いただくことをお勧めします。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-400-630 平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
0120-400-630
平日9:00~21:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ