不倫慰謝料 [事例7]

妻との不貞相手に慰謝料請求⇒140万円を獲得、求償権の行使なし

40代男性
立場慰謝料請求額
慰謝料を請求する側 140万円

背景

Aさんの妻が不倫していることが発覚、妻は不貞事実を認めていましたが、Aさん夫婦としてはこのまま婚姻関係を継続したいとの意向でした。
ただ、Aさんとしては妻との不貞相手に対して慰謝料請求したいとの気持ちが強くあったため、相手方に打診したところ、「弁護士を介してであれば示談交渉に応じる」と回答してきたため、当事務所へお越しになりました。

対応

ご依頼後、相手方の住所宛先を確認したのち、慰謝料200万円を請求する内容証明書を送りました。相手方には慰謝料を支払う意向があったものの、「200万円の支払は難しい。100万円くらいであれば対応できる」という回答でした。
ただ、Aさんの意向としては「100万円では低すぎる」という意向でしたので、諦めることなく粘り強く交渉を重ねました。

結果

何度も交渉を重ねた結果、慰謝料140万円を獲得することができました。また、「今後、妻には一切連絡しない」「妻に対する求償権の行使はしない」という内容も相手方に認めさせることができました。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-400-630 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-400-630
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ