刑事事件 [事例2]

急なハンドル操作が原因で接触事故、ひき逃げ⇒示談成立、略式罰金

50代男性
罪名結果
ひき逃げ 示談成立、略式罰金

背景

Aさんは車を運転中、前方に路上駐車していた車両を避けようと右にハンドルを切ったところ、対向車線の前方を走る車が視界に入ったため、急いで左にハンドルを切りました。しかし、運悪く左側を走行していた自転車に接触してしまいました。
Aさんは突然のことでパニックになってしまい、被害者へ声もかけず、そのまま走り去ってしまいました。
それから1週間ほどたち、自宅に警察がやって来て、ひき逃げ事件について聞いてきました。Aさんは素直に話し、すべてを認めました。さらに事件から半年ほど経過した頃、検察官から呼び出され「刑事裁判になる可能性が高い」と告げられました。
今後のことに強い不安を感じたAさんは、当事務所へご相談にいらっしゃいました。

対応

Aさんの行為は、単なる交通事故ではなく、ひき逃げ行為であったため、検察が言うように公判請求されて裁判になる可能性が高い事案でした。
そこで、刑事裁判ではなくせめて罰金で済むように、まずは被害者側との示談成立を目指しました。合わせて、検察官と交渉して、「被害者側と示談交渉するので、その結果が出るまで処分を待って欲しい」と伝えたところ、何とか了承してもらえました。
早速、被害者の代理人弁護士に連絡を取り、Aさんが深く反省している様子や謝罪の意を伝えたところ、無事に示談成立となり、「Aさんには刑罰を求めない」旨の上申書を書いてもらうことができました。

結果

結果、公判請求されることなく、Aさんは略式罰金で済みました。この結果にAさんも大変ご満足されていらっしゃる様子でした。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-400-630 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-400-630
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ