債務整理 [事例6]

教育費や遊興費で借金900万円⇒個人再生手続で110万円に減額

30代男性
借金総額毎月の返済額
900万円 ⇒ 110万円に減額 11万円 ⇒ 3万3000円

背景

Aさんは、子供の教育費や遊興費などが理由で借金を重ね、600万円ほどに膨れ上がりました。また、その他にも住宅ローンや自動車ローンの残債務があり、今後の支払に不安を覚えていました。
「借金を整理したいけれども、今住んでいる自宅は何とか残したい」とのご要望があったAさんは、専門家に意見を聞いてみようということで、当事務所へお越しになりました。

対応

「自宅を残したい」というAさんのご要望を叶えるべく、弁護士から個人再生手続を提案させていただきました。しかし、公務員であったAさんは「その手続が職場に発覚しないか」という点を非常に気にされていたので、「官報には氏名、住所が掲載されますが、それを閲覧している人はほとんどいません」と説明して、個人再生手続を進めることについてご了承いただきました。
ご依頼後、ローンが残っていた自動車は引き揚げられ売却されましたが、その売却益が残債務に充当されたことで大幅に自動車ローンが減りました。
その後、個人再生手続の申立書に必要とされる書類収集や、借入理由などのヒアリングをAさんに行い、無事に裁判所へ申立てることができました。

結果

申立後、無事に認可決定が下り、約900万円あったAさんの借金総額は、約110万円に減額されました。また毎月の返済額も11万円から3万円ほどに減りました。
また、「自宅を残したい」というAさんのご希望も叶えることができ、Aさんもこの結果に大変ご満足されていらっしゃる様子でした。

解決事例カテゴリ
無料相談受付中! Tel: 0120-400-630 平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
0120-400-630
平日9:00~22:00/土日祝9:00~19:00
メールでお問い合わせ